大月ウエルネスネットワーク事業について


 我が国は21世紀半ばに超高齢化社会を迎え、本市においても平成 34 年には高齢化  率 40.0 %に達する見込みで、独居高齢者や高齢者夫婦世帯率も増加しており、これに伴う地域経済の停滞・地盤沈下が懸念されています。
 このような背景の下、社会保障関連費は増加の一途をたどっており、将来負担比率も平成23年度決算では、185.3%の高水準にあり、これまでも健康増進計画に沿った  健康教室や運動指導などの健康増進施策等を実施して来ましたが、財政健全化に寄与するほどの成果は上がっておらず、行政による福祉サービス、介護保険サービスに依  存した公的福祉は既に限界であると思われます。今後、人口減少・超高齢化がさらに進行する中で持続可能な地域社会を形成するには、自助・共助・公助の連携と、高齢  者の健康づくりが急務となっています。
 これに直面する課題解決のため、大月ウエルネスネットワーク事業と称し、「豊かな自然を活用した着地型観光」を、産学官民の連携により高齢者を主要な担い手とす  る持続可能な事業運営スキームとして構築し、高齢者の積極的な社会参加を促し、就労や生きがい、これによる健康増進がプラスに循環するライフサポートサイクルの実  現を目指して大月ウエルネスネットワーク運営協議会を立ち上げ、平成 25 年度から様々な事業に取り組んでいます。


【 協議会の住所 】
 〒401-0015 山梨県大月市大月町花咲1608-19
 大月市役所 花咲庁舎 産業建設部 産業観光課内
 電話:0554-20-1833(農林業担当 平日 8:30〜17:15)
 FAX:0554-56-9033
 メールでのお問い合わせは こちら


ハローネイチャーズ大月について



 産学官が参画した「大月ウエルネスネットワーク運営協議会」が計画する都市住民や観光客をターゲットに交流人口の拡大を図るため、農業・里山体験やトレッキング  など自然環境の活用や各種交流体験による着地型観光を創出する取り組みを支えるのは、地域に精通したアクティブシニア(この事業運営の担い手として積極的に社会参  加する高齢者)たち。併せて、移住相談員が常駐する相談窓口では、移住に係る情報を整理してお客様の相談に対応するほか、移住体験イベントの実施や相談イベントに  も出展し、大月市の良さを実感してもらえるようなきっかけづくりもいたします。
 これらの交流体験イベントや移住相談の実施にあたっては、就労による積極的な社会参加と健康増進を図るため、また、その高齢者を積極的に活用するため、企画運営  にはシルバー人材センターと連携してまいります。
 これらのアクティブシニア達と、彼らの活動を「ハローネイチャーズ大月」と呼びます。


ハローネイチャーズ大月が目指すもの


移住定住促進の取り組みと、農・林・商・工・観光の業種横断的な取り組みを推進し、産業振興・雇用拡大とともに人口の流出抑制と流入促進 を図り、課題解決と基本目標の実現に努めます。

 【 重 点 】
  「今住んでいる市内の人々がそのまま大月市に住み続け、子どもを産み育てていくこと」
  「市外の人々、市外に出て行った人たちに大月市に住んでもらうこと」

 【 5つの基本目標 】
  「大月の特性を活かした雇用の場を創出する」
  「立ち寄りたくなる、住みたくなる地域をつくる」
  「若い世代が結婚・出産・子育てしやすい環境をつくる」
  「住み続けたくなる魅力的な特徴あるまちをつくる」
  「地域を愛し、地域を育てる人材を育てていく」

免責事項について


当ホームページに掲載されている情報の正確さには万全を期していますが、ご利用はお客様の責任で行っていただきますようお願いいたしま す。利用者が当ホームペ-ジの情報を用いて行う一切の行為について、大月ウエルネスネットワーク運営協議会はいかなる責任も負いません。

リンクについて


当ホームページへのリンクは、原則として自由に行っていただけますが、相手のサイトが法令や公序良俗に反すると大月ウエルネスネットワー ク運営協議会が判断した場合は、リンクを禁止することがあります。リンクは原則としてトップページにお願いします。やむを得ず個別のペー ジへリンクする場合、ページのURLや内容が予告なしに変更となる場合がありますので、 あらかじめご了承ください。
リンク先が当ホームページであることを明記してください。いかなる場合であっても、リンクに関して発生した損害について、大月ウエルネス ネットワーク運営協議会は一切の責任を負いかねます。

/body>